2018年9月3日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:111.67
  • R2:111.40
  • R1:111.23
  • P :110.96
  • S1:110.78
  • S2:110.51
  • S3:110.33
日足
ドル円日足

ざっくり110.6—111.6幅の一目均衡表の雲の中で、20MAが110.93、200MAは110.25と109.77付近でそれより上で週を開けています。ちなみに8月の月足は下ヒゲ付きのギリギリ陰線で、最終週も一応陰線で終わっていて、一応は円高の夏だったのかなという印象です(;”∀”) 月初めとりあえずは慎重に、110.6—111.6幅でレンジを考えて、高いところで売り安いところで拾うで行こうかなと思います。

240
ドル円4時間足

下落反転から、ローソク足的には高値を更新しつつもMACDではダイバージェンスがでて失速、111.25—110.98が狭いゾーンになっています。ヨコヨコ感が出ているので、動きが出てからでもいいかな?と思います。

30
ドル円30分足(OANDAオープンオーダー表示)

上ブレイクからの全戻しからの倍返し弱(倍返しなら110.5あたりがターゲット)で、111.83—110.68の38.2%戻しの111.13付近が戻り天井状態です。単純に111.1-2ゾーンを上に抜けられれば再度の高値トライもありうべし、で力尽きれば110.5トライ方向かという方針ですが、月初の需給バランスもあるので、東京市場は変な需給に巻き込まれないように様子見しようかと思います(;”∀”) また本日は米国市場がお休みなので、欧州市場でややつまみ食いができれば程度で考えています(‘ω’)

9月が始まりました。年末に向けてダイナミックな流れが発生欲しいところです(*‘∀‘) 目先は月初めに失敗して1か月を損失を取り返す月間にしないように、流れができれば柔軟についていけるように心がけたいです٩( ”ω” )و

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*