2018年8月22日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:111.40
  • R2:110.98
  • R1:110.63
  • P :110.20
  • S1:109.86
  • S2:109.43
  • S3:109.08
日足
ドル円日足

雲を抜けて下降中ですが、200SMAでワンクッションで日足は陽線で終了しています(‘ω’) 104.6→113.2の上昇の38.2%戻しが109.9近辺で、昨日のブログでも書きましたが109.9—108.9—107.9あたりがざっくりの押し目です(‘ω’) だいたいですが雲の下限が110.65、20MAが111.0で、200EMAと200SMAが110.16と109.80付近で、アバウト109.8ーーー111.0での幅を見て、110.6に引き付けて高いところを売りたいと思います。

240
ドル円4時間足

移動線がほぼローソクの上、戻り売りのほうが安全そうな気配です(-“-) 20MAが110.4付近で、昨晩抜けていますが戻されています。110.4—110.9—111.3で、伸びたところは売りたいかなと思います。

15
ドル円30分足

OANDAオープンオーダー付きドル円30分足です。昨晩のNY高値は110.55で押しラインは110.3でしたが、朝方の米国関係報道で下抜けしています。200MAが上のナイスブロッカーになっているので、上に伸びたい場合に撃破すべきラインは110.38—110.48—110.53かなと見ます。ユーロの巻き返しが激しいので、ユーロにつられる部分も多そうですが、下は110円台キープできるか?と昨日安値の109.77を下抜けするか?がポイントかなと思います。

ユーロドルですが、セオリーであれば1.15抜けからの下落なので1.15がフタになるはずですが、そう見る人が多ければ多いほどストップがおいしいもので、1.15上のストップロスの上げで30-40pipsあがってからの、逆に1.15が底堅くなって1.16タッチまで伸びています。1.15抜けがダマシ認定されれば、1.175—1.18上に逆に抜ける展開も想定できるので、1.15を背景に無理に逆張りせず流れについていくのがいいかなと思います٩( ”ω” )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です