2018年8月20日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:111.66
  • R2:111.35
  • R1:110.92
  • P :110.62
  • S1:110.18
  • S2:109.88
  • S3:109.45
日足
ドル円日足

週明け窓はほとんどなくスタートです。MACDは右肩下がり、ローソク足は一目の雲の中で、どちらかというと間もなく雲の下限から出てきそうな気配です。アバウトで20MAと200MAの幅をとって111.1—110.17(109.85)のレンジを想定し、高いところでは売りたい目線と考えています。

240
ドル円4時間足

200MAがローソク足の上なので、目線は下かなという印象です。20MAと200MAの位置が110.8—111.03—111.33で、上昇の場合は戻り売りポイントと考えますが、111.43をしっかりこえてくるとまた目線が微妙になるので様子を見てと思います(;’∀’)

15
ドル円15分足

先週末NY高値が110.66安値が110.32です。大きな窓もなく、本日は週明けでかつ東京市場はお盆明けゴトー日(五十日)なので、何もなければドル円は上昇かな?と思いますが、さて実需の売買でどちらが強く出るか?なのでそこは流れに沿ってと思います。とりあえず週明けなので欧州まではのんびりでいいかなと思います(*’ω’*)

ユロドル4
ユーロドル4時間足

岩盤だった1.15を下にブレイクしたユーロドルが戻りを付けています。セオリーであれば1.15に引き付けて戻り売りです(‘ω’) ただしユーロドルはちょっと前にヘッドアンドショルダーズ形成か?からの怒涛の切り返しで逆に上ブレイクしたこともあるので、1.15の売りを待ち構えてるショーターを怒涛の上げで燃料にする展開も考慮しつつ、売りの構えを取りたいと考えています٩( ”ω” )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です