2018年8月13日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:111.82
  • R2:111.49
  • R1:111.16
  • P :110.84
  • S1:110.50
  • S2:110.18
  • S3:109.84
週足
ドル円週足

ドル円週足です。200SMAと200EMAに挟まれ20MAは上向きですがMACDがクロスしそうな予感です。週足では、113.3(200SMA)—110.5(75SMA)—109.9(20SMA)—109.3(200EMA)で、現在はだいたい75SMAあたりで、上下幅は113.3—109.3かなというざっくりレンジの、下押しあればまずは109.9かな?というざっくり目安で考えています。

日足
ドル円日足

上昇トレンドラインは割り込み、押し戻しのもみもみゾーンも下抜け、MACDも右下さがりです。上は111.44の20MAと上昇トレンドラインの裏あてが同じ位置になりそうなので、あれば売りたいですが、さすがにここまで上がるか疑問な感じです(;’∀’) 109.9—110.14あたりの200MAと一目均衡表の雲上限が近くにあり、ここが下押しのクッションになるか、抜けるかですが、どちらにしても丁寧に押し戻しを狙いたいと思います。

30
ドル円30分足

OANDAのオープンオーダーインジを表示しつつのドル円30分足です。週末金曜日が、トルコ発の欧州危機で、ユールドルが1.15を突破し、トルコ安ユーロ安ドル高円高の流れで、ドル円に関してはチャートが上下あまりきれいになってない感じです(;’∀’) 週末終値の110.8付近から40銭くらいの円高でオープンしており、上値は重そうな予感です。110.8—111.2あたりまであればファースト戻り売りラインと思いますが、東京市場はお盆の薄商いと、欧州時間はトルコがらみの流れがありそうで、さてユーロ安に引っ張られるか、ドル高にひっぱられるかで大きく動くか小動きになるかどちらにいくか、難しい展開も考えます。基本は戻り売りと考えています(*’ω’*)

トルコリラ安がさてどこまですすむか?が気になるところです。対円で15円くらいでとまるか10円割り込むか、はてさてですが、とりあえず落ちるナイフは拾わずに、です。スキャルピングでも上下の動きが大きすぎるのと、スプレッドが各社広がりすぎて難しく、長期保有はしっかりとしたグッドニュースやチャート上の底打ちが見られるまでは無理です(;’∀’)

また、ユーロドルが1.15をしっかり割り込んでいるんで、ドル円よりもやりやすいチャートではないかと思います。ただしこちらもトルコがらみやイギリスEUがらみで上下あるので、柔軟な対応を心がけたいと思います٩( ”ω” )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です