2018年8月3日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:112.24
  • R2:111.99
  • R1:111.82
  • P :111.57
  • S1:111.40
  • S2:111.14
  • S3:110.97
日足
ドル円日足

前回の山のネックラインを超えられずに調整中、20MAは111.7付近にあります。上はヒゲタッチの112.0-112.2をもう一度攻めるか、下は再度の111.111友の会粉砕か、とはいえあまり動意がないので、高値掴みや突っ込み売りは避けて、動けば戻りを待って対応したいと思います。

240
ドル円4時間足

三角地帯が発生中です。20MAは111.6付近で、昨日は力強い陰線で割り込みましたが、次のローソク足がまた力強いカウンター陽線で戻っています(;’∀’) 200MAの111.1付近は押し目で買ってみたいポイントですが、現状で高値は切り下げてきているので、ざっくりで110.7—111.1のゾーンをしっかりと抜けてしまうと、下っぽい雰囲気になるので、注意かなと思います。

15
ドル円15分足

ざっくり111.7—111.5のレンジゾーンから、割り込んで今度は111.5をフタにして111.3まで下落したものの、ばいーんと元の水準に戻っています(;’∀’) 東京市場オープン前は、ローソク足は200EMAと200SMAのトンネルの間にあります。

チャートではかなりの値幅がありそうなのですが、200SMAが111.7、200EMAが111.6と、10銭幅しかなく、全体的に値幅が無い印象で、夏枯れ相場なのかな?です(;’∀’) 111.7ぐらいのフタゾーンですが、ガラってからのバイーンで戻ってきているのでそこは様子見で、111.8–111.9で売りもどうかと考えつつ、下は111.1に引き付けてと、値動きが無い中で無理してやることもないので、動意があれば、でいいかなと思います。

本日夜は米国雇用統計なので、日中もそんなに動きなしかなと思います。昨晩のBOEも利上げという変更があったにもかかわらずポンドですら驚くような値動きが無く、雇用統計が大変動を起こすとも思えないので、大きな値動きには期待せずですが、拾えるところは拾っていきたいと思います٩( ”ω” )و

ユロドル週足
ユーロドル週足

週足と大きな時間足ですが、ユーロドルがキワキワな感じです(*’ω’*) 前回の谷のフタゾーンを抜けて1.25ミドルまで上昇するも下落、その後ざっくりと1.17—1.15のネックラインのゾーンでもみもみしていましたが現在再度レンジの下抜けを図っている状態です。しっかり抜ければ1.11や1.09もあるか?と夢が広がりますが、1.15に何か強力なオプションがあるのか、1.15が付かずにレンジになっていたので、今回はいかに?と楽しみです٩( ”ω” )و