2018年8月2日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:112.87
  • R2:112.51
  • R1:112.11
  • P :111.75
  • S1:111.34
  • S2:110.98
  • S3:110.58
日足
ドル円日足

昨日はFOMCを通過し、上ヒゲも下ヒゲも長くつくりつつ、実体の小さめな陰線で終了しています。日足として上目線かなと思いますが、日足ヒストリーでは112.0-112.2あたりで山のネックが作られてることが多く、前回の山もその付近でのネックラインが作られていて、今回もヒゲでタッチでもどされているので、調整のまますとんといくか、調整後に再度上昇あるか、これは来週以降についていこうかと思います。

240
ドル円4時間足

4時間足で見ると、ネックラインできれいに落ちています(*’ω’*) また下のヒゲも、20MAワンタッチといった感じで、111.4—112.05(112.15)のゾーンを想定して、抜けたほうに裏タッチからついていくのでいいかなと思います。4時間足MACDがきゅってなりそうなので、高値で買いたくはないなという印象です。

15
ドル円15分足

一昨日の上げを111.7台で調整して112.15まで伸びたものの、FOMCにて売られ、111.4陥落、本日東京市場オープン前Poivotの111.75付近まで戻しています。昨日のサポが今日のレジで、なんとも昨日の敵が今日のなんとかみたいな感じですが(サポートができなのか、味方なのかというのは考えないとして)、4時間足で見たレンジ幅は111.4—112.05(112.15)ですが、ざっくり15分足で小さく見ると、111.4—111.75のゾーンが見えます。111.4抜けた場合111.2や111.0がサポートになるか?で、ただ明日に雇用統計を控えているので、売りも買いも飛びつかずに慎重にと考えています。

さてもうすぐ東京はお盆という円高傾向なイベント?があり、高値は買いたくない心境にさせられます(;’∀’) そして本日はBOEがあり、ポンドの変動が予想されるので、ポンドに関しては安易に飛びつくと手痛い思いをしやすいので、こちらも要注意です٩( ”ω” )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です