2018年7月26日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:112.06
  • R2:111.72
  • R1:111.34
  • P :111.00
  • S1:110.61
  • S2:110.27
  • S3:109.89
日足
ドル円日足

上昇トレンドラインにぶつかり、サポートが切れそうな予感にいっぱいです(;’∀’) 週足下降チャネルのブレイクがダマシだったのか、また審議が必要なので突っ込み売りはせずに戻り売りと考えています。200MAが横向きにあるだいたいで110.0くらいはいったん買ってみたいところと考えています。

240
ドル円4時間足

上昇トレンドラインを割らないように耐えている感がありますね(;’∀’) ラインを割っても、左側ではだいぶもんだ価格帯に突入なので、再度レンジを作るのか、104円からの上げ一服と見て、半値であれば108.8付近、38.2%であれば109.9付近をめどに調整があるのか、流れについていこうと思います。

15
ドル円15分足

15分足の200MAが頭を押さえています。東京市場オープン前の200MAの位置はそろって111.18付近で、NY高値が111.11、安値が110.66ぐらいです。前回安値の110.75を割りこみ安値を付けていますが、走らずにお帰りなさいしており、やっぱりドル円底堅いのかな?という印象です。111.18や111.5あたりで引き付けて戻り売り、111.5を明確に超えて行けば111.9-112.05を背景に売りたしと考えています。とはいえ月末も近く、夏休みモードもありますので、無理せずに(*’ω’*)

日銀の政策に関してが為替の材料になってきています。最近は特に動きもなかった日銀政策会合ですが、今回の31日の発表は注目されているので要注意です。政策自体に変更がなかったとしても、変動期待がある場合は発表前に「仕掛け」がされて、さも何か発表で変更があったかのような上下動がおきて騙される心配があります。発表の時間をしっかりきっちり決めてくれればそういうことはないのにと思うのですけどね٩( ”ω” )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です