2018年7月5日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:110.94
  • R2:110.77
  • R1:110.62
  • P :110.45
  • S1:110.33
  • S2:110.12
  • S3:109.97
日足
ドル円日足

日足での下降チャネル内高値付近でもみもみ中です。20MAと200MAが110.28–110.13–109.71にあり、このレベルではロングをいったんは拾てみたいですが、上昇トレンドラインを明確に割り込むようであれば様子見をしようと思います。

240
ドル円4時間足

上昇の横ばいレンジの折り返し↓↓↓ターンと見るか、長かった上昇も一服で円高になりやすい夏に向けて再度下降か判断に迷うところです(;’∀’) 4時間足では20MAと200MAに挟まれる状況となっており、20MAにこつんとしたら売りたし、200MAにこつんとしたら直近では2度200MAを割りつつ戻ってきているので状況次第では買いたしですが、今回は上昇トレンドラインが近くにあるので、割り込む場合は裏タッチで売りたしです。

15
ドル円15分足

昨日は米国市場が休場で、明日は雇用統計で、動きの鈍い一日になるのではないかとおもっていますが、突発的なニュースでは逆に大きく反応しやすいので、その点に注意です。110.6-110.75あたりは戻り売りゾーンかなと考えています(*’ω’*) ただし、雇用統計も近いので堅調なドル円展開になった場合は、再度の高値トライもありそうなので、無慈悲な損切も辞さずです。

株がよわよわな割りにドル円は粘ってる印象で、株が持ち直せばドル円も再上昇シナリオなのか?雇用統計を天井にドル円は株に追随するのか?何がドル円を支えているのか?M&Aがらみの外貨買いの玉はまだ出ているのか?いつまで続くのか?などなど、見えない部分を考えると個人トレーダーにはわからないことだらけで、それを調べるのも楽しいんですけどトレードに関連させるとなると、そういう背景はきっかけであって、動かせる大人が動かしたい方向に動かすだけなので、油断せずに予測しすぎずついていけたらと思います٩( ”ω” )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です