2019年11月17日 月曜日からのドル円戦略

【先週のドル円考察:おさらい】

先週日曜日の戦略→→→200EMAが109.48あたり、200SMAが110.08あたりで上昇ブロッカーになりそうな予感、109.5をぬけていけば110も見えてきそうですが、5と0のキリ番はオプション的にも大変強いと思うのでこの辺りではチャンスもありそうです。チャート的に上昇が阻まれても仕方なしなポイントでもあるので、押しは買いかなですが動いてチャンスがあればで、なければ無理せずでいいかなと思っています(;’∀’)

結果、109.5が重く週足は下ヒゲの陰線で終了しています。

1117week
ドル円日足

【ドル円日足考察】

200MAたちと20MAが詰まってきたかたちで、ざっくり108.7—109.0あたりがポイントになりそうな予感です。値幅は先細りの煮詰まり感もでてきているので、移動線のくっつきもあり、動きだしに注意で、まだ上昇っぽい流れは崩れていませんが、上にしても下にしても飛びつき逆張りに気を付けたいと思います(;’∀’)

1118-4
ドル円4時間足

【ドル円4時間足考察】

底堅い流れで、年末モードに突入しそうです。20MAと200MAに注目しつつ、やはりいのちだいじにで(;’∀’)

【蛇足的雑感】

動いているけど動いていないような、今年はドル円は本当に妙味のない通貨ペアで、デイトレーダーとしてはやりにくい環境だったなと感じます。動きがあるから、そのひずみというかうねりみたいなもので利益を上げやすいのに、動かなければ時間ばかり経過でジリジリ上げやジリジリ下げで精神だけ消耗する状況になりやすく、とにかくボラティリティの拡大を望みます(;’∀’) 各FX業者さん、ドル円ペアのスプレッドを縮小してくれるのはとてもありがたいですが、それよりもボラティリティの復活を!と相場のひずみに生きる愛好家の願いです٩( ”ω” )و