2019年02月19日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:110.89
  • R2:110.76
  • R1:110.68
  • P :110.55
  • S1:110.47
  • S2:110.34
  • S3:110.26
11
ドル円日足

昨日は米国カナダ休場の中で小幅な陽線、ざっくり考えていた110.0—110.2から111.0—111.3の幅の中でい手を出しにくい状態継続中という感じです(;’∀’) 上昇のかたちは崩れていないので売りは崩れた後の戻りから売りたい構えで行こうと思います。

44
ドル円4時間足

米国休場で閑散相場の中、20MAが上値しっかりガードで、20MAを上に抜けるかガードで下にいくまで手出しできない感じです(;’∀’) 昨日の方針と同じで、「110.0—110.2の前回高値膠着ゾーンを割り込めば山尊ぽいからの109-110のレンジ回帰かさらにその下も?なやっとショーター歓喜タイムが示現しそうですが、110天井ショート勢がまだ我慢している場合は底堅くもなりそうですし、4時間足的には110.0—110.65の幅で押しで入るか伸び切ったところを反発でとりたいかなと思います」継続です(-“-)

3030
ドル円30分足(OANDAオーダーブック2表示)

昨日はアメリカカナダ休場の影響か日通しで小動きで日中値幅が15pipsほど、欧州時間では9pipsと開店休業状態のドル円でした(;’∀’) 狭い幅だと110.5—110.65でどちらに抜けるか?で下抜けの場合は110.2—110.3あたりを抜けると109.9—110.0あたりの激押し目ゾーンかなという気持ちです(;’∀’) これだけ小動きだとパワーをためていて一気に動くかなという熱い期待もありますが、ドルストレートとクロス円の動きに挟まれつつ通貨ペアでは妙味に欠けてる感じなので小動きからのちょっと動きからのレンジという展開もありそうで、油断はせずに期待過多にもならずに動きを見てついていこうと思います(*‘∀‘)

昨日の週明けのポンド円の窓が埋まっておらず、窓埋め期待トレーダーのショートポジションが腐っていそうな感じです(;’∀’) ポンドドルはほぼ埋まっているので、ポンド円的にはショーターの絶望を乗せて143円台からの143.3の前回高値を越えてファーラウェイという展開もありそうなので、「窓が埋まってないから」だけでは売れない状況かなと思います(;’∀’) 窓のとらえ方としては埋まらなかったときと埋まった後の動きに個人的には注目していて、窓が開いてるからだけでポジションを取るのはちょっと注意と思っています٩( ”ω” )و

 


FOREX EXCHANGE×「羊飼いのグルトレ EA」タイアップキャンペーン
FOREX EXCHANGE×「羊飼いのグルトレ EA」タイアップキャンペーンFOREX EXCHANGE×「羊飼いのグルトレ EA」タイアップキャンペーン?|?fx-on.com