2018年3月29日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:109.15
  • R2:108.08
  • R1:107.46
  • P :106.40
  • S1:105.77
  • S2:104.71
  • S3:104.09
日足

ドル円日足

前日の長い上ヒゲから、長大陽線の出現です。長く続いた下降チャネルを一気に上に抜けましたね。20MAも上に向き始めました。ちょっとした底打ち感も感じますが、そこはドル円なので慌てて飛び乗らずに押しを待ってから入りたいと思います。ただ、期末月末の実需フローもあり、欧米はイースター休暇もありなので、あまり無理はしないように心がけようと思います。

240.JPG

ドル円4時間足

200MAを貫通してきました。いったんの戻しがあるかと思いましたが、全然緩まないですね。5MAと20MAはGCしています。

107.3付近の前回高値や、フィボナッチの38.2戻しの108.0くらいまでの戻りも考慮しつつ、ローソク足が20MAから離れているので、深い押しでロングを考えています。

106.5や106.2付近は抵抗になるとみていたので、そのあたりまで押したら様子を見て買ってみようかなと思います。できれば105.9あたりの一つ前の波のてっぺんと抜けてしまったチャネルラインを確認しに降りてきてくれればいいなと思います。一気に上がったときはスピード調整でサクッと下がって戻るということもあるので、そこはつられないように慌てずについていこうと思います。

15.JPG

ドル円15分足

200MAが上に向いています。深い押しもなく夜間に一気に上がっています。欧州NY市場、とくにNY時間は動き出したら一方通行になることもあり、安易に逆張りすると緩むことなく担がれていくパターンでした。

昨晩の場合は、年初から続く円高ドル安という背景があって、そこにイースター休暇前の手仕舞い(手仕舞いは反対売買が無いので反発が起きにくい)、休暇前の薄商い(値が大きく動きやすい)の環境下で、地学的リスクに対するグッドニュースがでて、さらに一方通行になった感じでしょうか。ヨコヨコに動いてバイーンと飛んで、で、106.5手前で「すでに1円動いてますしそろそろ天井であろう」と売った方は悲惨な夜を過ごしたのではないかと思います。

私も106.5で売ってみて、いやな手ごたえを感じつつがっつりと担がれて106.8と107手前で売り増しをして辛くも生還しました(;´・ω・) NY時間は一方通行になったときに玉が大きいと身動きできないので軽くしていてよかったなと思います。

昨日は安値から1.7円動いていますが、月末期末の株のお化粧買いもありそうですし、ショーターの投げが入ればさらに一段高もありそうなので、高値を売る場合は一段と引き付けて、107円のミドルまで考慮しつつ、逆に調整が入って106円のミドルあたりから買うほうが無難なように思います。

また、月末ロンドンフィックスは欧州通貨が暴れますのでとにかく月末期末です、けがの無いように安全運転を心がけようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です