2018年3月29日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:109.15
  • R2:108.08
  • R1:107.46
  • P :106.40
  • S1:105.77
  • S2:104.71
  • S3:104.09
日足
ドル円日足

前日の長い上ヒゲから、長大陽線の出現です。長く続いた下降チャネルを一気に上に抜けましたね。20MAも上に向き始めました。ちょっとした底打ち感も感じますが、そこはドル円なので慌てて飛び乗らずに押しを待ってから入りたいと思います。ただ、期末月末の実需フローもあり、欧米はイースター休暇もありなので、あまり無理はしないように心がけようと思います。

240.JPG
ドル円4時間足

200MAを貫通してきました。いったんの戻しがあるかと思いましたが、全然緩まないですね。5MAと20MAはGCしています。

107.3付近の前回高値や、フィボナッチの38.2戻しの108.0くらいまでの戻りも考慮しつつ、ローソク足が20MAから離れているので、深い押しでロングを考えています。

106.5や106.2付近は抵抗になるとみていたので、そのあたりまで押したら様子を見て買ってみようかなと思います。できれば105.9あたりの一つ前の波のてっぺんと抜けてしまったチャネルラインを確認しに降りてきてくれればいいなと思います。一気に上がったときはスピード調整でサクッと下がって戻るということもあるので、そこはつられないように慌てずについていこうと思います。

15.JPG
ドル円15分足

200MAが上に向いています。深い押しもなく夜間に一気に上がっています。欧州NY市場、とくにNY時間は動き出したら一方通行になることもあり、安易に逆張りすると緩むことなく担がれていくパターンでした。

昨晩の場合は、年初から続く円高ドル安という背景があって、そこにイースター休暇前の手仕舞い(手仕舞いは反対売買が無いので反発が起きにくい)、休暇前の薄商い(値が大きく動きやすい)の環境下で、地学的リスクに対するグッドニュースがでて、さらに一方通行になった感じでしょうか。ヨコヨコに動いてバイーンと飛んで、で、106.5手前で「すでに1円動いてますしそろそろ天井であろう」と売った方は悲惨な夜を過ごしたのではないかと思います。

私も106.5で売ってみて、いやな手ごたえを感じつつがっつりと担がれて106.8と107手前で売り増しをして辛くも生還しました(;´・ω・) NY時間は一方通行になったときに玉が大きいと身動きできないので軽くしていてよかったなと思います。

昨日は安値から1.7円動いていますが、月末期末の株のお化粧買いもありそうですし、ショーターの投げが入ればさらに一段高もありそうなので、高値を売る場合は一段と引き付けて、107円のミドルまで考慮しつつ、逆に調整が入って106円のミドルあたりから買うほうが無難なように思います。

また、月末ロンドンフィックスは欧州通貨が暴れますのでとにかく月末期末です、けがの無いように安全運転を心がけようと思います。

2018年3月28日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:106.30
  • R2:106.10
  • R1:105.72
  • P :105.52
  • S1:105.13
  • S2:104.94
  • S3:104.55
日足
ドル円日足

上ヒゲが20MAにタッチする手前で落ちてきました。106円の売りは強そうです。105円台後半に抵抗になりそうなゾーンが見えたので、この辺りで戻り売りを考えています。

240
ドル円4時間足

前回の波のネックラインで折り返して落ちてきました。105.7以降はショート目線で、また5MAよりは下ですが20MAよりは上にローソク足があるので、20MA付近で様子見しつつ一度買ってみようかなと考えています。ただ状況は依然戻り売り環境に見えます。

15
ドル円15分足

15分足ですと104.6-105.3のBOXを上に抜けていったん戻りを試しに来ているようにも見えます。ですので、ロングでのポジションをとるなら、105.2あたりでの様子を見つつ、下のBOXに入った場合は104.93あたりでの反発待ち、104.6あたりでの下限の反発を見てからになりそうです。ショートの場合はチャネルラインの上限が近いので、青色の抵抗ゾーンとチャネル上限に引き付けて入ってみようかなと思います。

再三ですが、月末・期末が近いので、値動きが荒く一方通行になる恐れもあります。また欧州通貨につられてドル円もふわふわと方向性がないまま上下する場合もあるので、月末相場は要注意です。

2018年3月27日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:106.56
  • R2:106.02
  • R1:105.71
  • P :105.17
  • S1:104.86
  • S2:104.32
  • S3:104.02
日足
ドル円日足

金曜日の日足をきれいに包んで月曜日の日足が確定していますので、いったんの底打ち・調整がありそうです。チャネルラインと20MAが近い位置にあるので、そのあたりでショートしてみようかなと思っています。

240
ドル円4時間足

5MAと20MAがGCしそうな気配です。前回安値の105.25を超えてきたので、105.25付近と105.0付近で様子を見つつロングを考えています。

15
ドル円15分足

104.6~105.2の幅の中を上抜けしています。移動戦も上向きになっているので、押しを待って買ってみようかなと思います。

月末は実需フローがとても目立つので、特に欧州時間のユーロとポンドは値ごろ感だけで逆張りをすると大やけどするので要注意です。

2018年3月26日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:105.97
  • R2:105.70
  • R1:105.20
  • P :104.92
  • S1:104.43
  • S2:104.15
  • S3:103.66
週足
ドル円週足

週足から見てみます。105円台が割れてしまったので、次のサポートを探してみると、週足ですとだいぶもんでる部分が99円台から104.2くらいですね。また、トランプラリーの起点のヒゲ先が101.15くらいです。下値の部分は、イギリスEU離脱選挙の時のものであったり、米大統領選挙の時であったり急変した場所なので、業者によって違うと思うので細かな部分はずれるかと思います。いったんは101円前半は止まるポイントに見えます。

日足
ドル円日足

5MA20MAも下向き、200MAも下向きに離れてきましたので、戻り売りの環境に見えます。

5MAからの乖離もあるので、引き付けて戻り売りができたらいいなと思います。

240
ドル円4時間足

きれいに前回安値のラインにタッチして下落しています。このラインを越えるまでは戻り売りでいいかなと思います。

15
ドル円15分足

WeeklyS1ラインの104.65あたりで2回折り返しているので、104.6~105.25の幅の中で基本戻り売りで、抜けた方向についていこうかなと漠然と考えています。月曜日なので大きな流れは考えていませんし、もしあったら様子を見てからついていくなり見送るなりしようかと思います。またそろそろ月末が近いのと、3月期末なので、突発的な動きには注意が必要だと思います。大きなポジションを持つ場合は気を付けたほうがいいと思います。

2018年3月23日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:106.65
  • R2:106.37
  • R1:105.82
  • P :105.54
  • S1:104.99
  • S2:104.71
  • S3:104.16
日足
ドル円日足

下降チャネル内での下落継続です。105.50と前回安値の105.25を大きく割り込んでいるので、その値のあたりまで戻ったら戻り売りを始めてみようかと思います。

ボリンジャーバンドの-3σにあたっているので、若干のテクニカルリバウンドも望めそうですが、そのままずるずると下落する可能性もあるので、買いはじっくり待って、基本はやはり戻り売りで行こうと思います。

240
ドル円4時間足

下降チャネル上値抵抗線と、前回安値付近のラインでつくった三角を下抜けしました。教科書的なトレードをするなら、いったんの戻りをつけてから、再度下落するほうがチャート的には美しいので、105.25付近からの戻り売りを考えています。

15
ドル円15分足

DailyS2とWeeklyS2とMonthlyS1が密集しているあたりでいったん下落が止まっています。

しばらくぶりの104円台なので、円高材料が揃っていても、買い意欲は多いのではないかと思いますが、105円台が抜けているので、ロングはおっかなびっくりで基本は底打ちサインが見えてくるまでは戻り売りですね。今すぐ5pips取らないといけないとかそういう気負いをせず、取りやすいときに取りやすい方向で取ればいいと思います。なので基本今はドル円は戻り売りが取りやすいと思っています。

105.25あたりの戻り売りが初手と思いますが、104円台への突っ込み売りが強烈なので、場合によってはショートカバーの吹き上げて抜けてしまうかもしれないので、その場合は105.5あたりまでの戻りも考慮します。

2018年3月22日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:107.47
  • R2:107.04
  • R1:106.79
  • P :106.36
  • S1:106.11
  • S2:105.68
  • S3:105.43
日足.JPG
ドル円日足

下降チャネルの上には出られず移動線も下向きです。105.5あたりの強いラインを守れるかブレイクするか注目です。基本スタンスは戻り売りですが、105.5が明確に割れるまでは突っ込み売りは避けようと思います。

240
ドル円4時間足

ぴょこっと一本上ヒゲが作られました。下降チャネルの上値抵抗ラインと105.5の水平線で三角ができてるように見えます。どちらにブレイクするか待ってから、ブレイクした方向に、リターンムーブの動きでついていくのが安全策と思います。

15
ドル円15分足

戻り売り環境が続いていますが、昨晩のFOMCで流れが変わった可能性もあります。依然戻り売りなのか、いったん緩むのかはやはり欧州NYの判断を待ってからと思いますが、嫌な上ヒゲが残ってるなぁとは感じます。

105.6or7-106.6or7くらいの動きで、基本は戻り売りで考えようかなと思います。

2018年3月21日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:107.46
  • R2:107.03
  • R1:106.78
  • P :106.35
  • S1:106.10
  • S2:105.68
  • S3:105.42
日足
ドル円日足

下降チャネルの中に納まっているように見えますが、5MAが上向きに20MAが若干横ばいになっていますので、下落はいったん休止の調整局面に見えます。

下降チャネルをブレイクした場合、 青ラインの107.3から青BOXあたりまでの上昇も考慮します。このふたつを目安に引き付けての戻り売りを考えています

240
ドル円4時間足

安値切り上げで、短期の移動戦はGC(ゴールデンクロス)して上昇傾向にあります。雲は横ばいで、ローソク足は雲の中に納まっています。200MAは下向きですが、短期線が上昇傾向にあるので、200MAまでの戻りを考慮します。現在は107.2付近ですね。

ちょうど前回の高値の山もありますし、しばらくタッチしていないので、ここまで上昇したらいったんはレジスタンスになりそうなので、一発は逆張りを入れてみたいなと思います。

ただしその場合はチャネルラインをブレイクしているので、逆三尊のような底練りのようなボトム形成にも見えるので、200MAを越えていった場合は青の帯あたりまでの上昇も考慮します。

15
ドル円15分足

昨日までのレンジの105.6-106.3を上に抜けています。ざっくりですと106.3-106.6ぐらいという狭いレンジに現在は収まっています。チャネルの上限もかなり近いです。

今日は東京市場は休場ですので、夕方まで動きもなさそうです。東京市場のストップ狩りの名目もないので、夕方も静かなスタートかもしれませんので、今日は夜からでいいかなと思います。

2018年3月20日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:107.19
  • R2:106.80
  • R1:106.57
  • P  :106.18
  • S1:105.95
  • S2:105.56
  • S3:105.33

日足
ドル円日足

青ライン内にとどまっていますが、依然下方向注意にみえます。105円台は100円、110円と同じで切りの良い数字ですので、おそらくオプションがらみやまた心理的節目で堅そうなので、戻り売りでいいと思います。

240
ドル円4時間足

20MAあたりでの推移です。上値は切り下がってますが、下値も若干ですが切り上がっているので、いったんの調整上げも考慮します。ロングで入るのではなく、戻り売りを狙っています。

15
ドル円15分足

ぱっと見た感じでは105.6から106.3のレンジ推移です。

今日は火曜日ですので、レンジブレイクに注意です。欧州からの動きに合わせて基本は上がったら売りで考えています。