2018年4月12日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:107.74
  • R2:107.50
  • R1:107.14
  • P :106.90
  • S1:106.54
  • S2:106.29
  • S3:105.94
日足
ドル円日足

雲に抑えられ、5MAは下向きになりました。20MAまでの調整も視野に入れます。上は雲下限の107.2手前と、下は20MAの106.3付近での反応を見ようと考えています。

240
ドル円4時間足

上昇トレンドラインが割れてしまいました。しかし割れた割には走りません。いったんは上昇一服に見えます。上値が若干切り下がり、200MAで支えられてる形に見えます。上の200EMAを抜けた場合下の200SMAでの反応を見てから考えようと思います。106.3付近ですね。

15
ドル円15分足

上昇のトレンドラインから下にローソクが潜りましたが、裏当てもあまり機能しているとはいえず、ちょっときれいなラインではないので微調整が必要そうです。トレンドライン割れのバイアスを差し引いても、上値が若干切り下がっているものの106.5から107.5のレンジ内の動きにも見えますし、正直方向性が見えません。高いところで売って安いところで売って抜けたらきるくらいの戦略しか建てられないのですが、106.6以下割れたら106.3あたりの反応で買っていたいですし、上値は107.2から107.5の反応を見てからと思っています。

ドル円は底堅いもののヘッドラインで上値が重いのでまったくうまみが無く、他通貨をいじったほうがおそらくいいのでしょうが、兼業としてはたくさんのチャートに反応して機会を増やしすぎると、逆にピンチをつくってしまうこともあり私の場合は見るとしてもスプレッドが狭いユーロドルとユーロ円程度にしています。ピンチはチャンスといいますが、チャンスもまたピンチになりうると思いますので、ドル円動かないのでポンド円で~などと考えてドル円の気持ちでポンド円を触って大やけどということもありますので、知らないわからない慣れてない通貨はほどほどがいいと思います。

2018年4月11日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:108.31
  • R2:107.85
  • R1:107.52
  • P :107.07
  • S1:106.75
  • S2:106.29
  • S3:105.97
日足
ドル円日足

雲になかなか侵入できていません。長くタッチできていなかったので、1度目はワークしやすいです。さらに雲に沿って落ちることも考えられるので、決め打ちせずに下で買ったほうが無難に見えます。短期移動線は上向きに進んでるので、現在106.3あたりにある一度20MAまで落ちたらそこは買ってみたいです。

240
ドル円4時間足

トレンドラインは割れるものと待ち構えていたものの、なかなか底堅くワークしています。強力なレジスタンスだった200MAがサポートに回っているので。やはり押したら買いたい相場に見えます。

15
ドル円15分足

ざっくり見ると106.6から107.5のレンジですね。トレンドラインが割れるまでは押したら買いたいのですが、押し目の作られ方がヘッドラインによる急落で、勢いがありすぎて小心者にはついていけない相場です。まさにふるい落としで、おっとりとロングしていた人を損切させ、突っ込み売りを焼き、とチャートをリアルで見ていると振り回される状態です。

突っ込み売りを避けるには、第2波を狙うことですが、その場合もしっかりとn字ができるのを待ってから、戻り高値を抜けたら躊躇なく切ることを前提にしないと、踏み上げの養分になってしまうので、どんな急騰急落でもワンテンポ考える時間を空けたほうがいいと思います。儲け損ないは損ではないので。

 

2018年4月10日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:107.68
  • R2:107.44
  • R1:107.09
  • P :106.85
  • S1:106.51
  • S2:106.26
  • S3:105.92
日足
ドル円日足

雲に抑えられて、5MAを下にぬけています。このまま下落するのであれば、20MAが上向いていますのでいったんは20MAで買ってみたいですが、雲に沿って落ちていくことも考えられます。20MAの反発を確認したいです。

240
ドル円4時間足

ローソクが短期移動線の下に、200MAの上にと挟まれています。トレンドラインも割れていないので、このまま押し上げられるか、割れるか確認し用と思います。トレンドラインが割れた場合は戻りを待ってからの戻り売りを考えています。

15
ドル円15分足

200MAの下にローソク足があり、朝の段階では20MAに抑えられています。上値が重そうです。しっかり戻りで売りたい形に見えます。上昇のトレンドラインに当たったあたりでの反応を見てからです。ドル円が底堅いけれど上値も重いので、こまめに利確して利益を残していきたいと思います。

今日は火曜日ですので、欧州NYでトレンドが発生するかもしれませんので、夕方以降の時間帯では出方をしっかり待ってからついていきたいと思っています。

また、貿易戦争問題に加えて、地学的リスクが高まりつつあるので、突発的なヘッドラインでの円高が起こる可能性もあるので安全運転を心がける必要が十分ありそうです。

2018年4月9日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:108.03
  • R2:107.74
  • R1:107.34
  • P :107.06
  • S1:106.65
  • S2:106.37
  • S3:105.97
日足
ドル円日足

年明けから続いた長い下降トレンドの調整中でしょうか。雲の下限ではじかれています。短期移動線はGCしているので基本は押したら買いで考えています。ですが、雲の下限に沿って落ちていくことも考えられますので、決め打ちはせずにいようと思います。また、雲に突入し、108円台を越えた場合は、青ゾーンでの様子見と、108.5あたりでの売りを考えています。

240
ドル円4時間足

107.5付近で押し戻されていますが、越えたら107.9の高値が見えてきそうです。トレンドラインは割れていないので、引き付けて買いで、割れた場合は戻りをまってから売りを考えています。

15
ドル円15分足

107.5あたりが重く、ダブルトップのような形になっています。ネックラインはだいたい107.0あたりで本日朝方にプルバックであたっています。このままダブルトップ完成であれば106.6あたりまで落ちそうです。また、ダブルトップ完成ならずに上昇基調に戻った場合は、107.5を抜けられるかどうかです。基本はトレンドラインが割れるまでは押しで買いたいと思います。

今日は雇用統計明けの月曜日です。雇用統計自体は動きがあまりありませんでしたが、牡牛週明け欧州NYから方向性が決まるかもしれませんので、月曜日の東京時間は無理をせず、欧州NYの出方待ちでいいと思います。今週もよろしくお願いいたします。

2018年4月6日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:108.46
  • R2:107.98
  • R1:107.67
  • P :107.20
  • S1:106.90
  • S2:106.41
  • S3:106.11
日足
ドル円日足

日足の雲の下限ではじかれてます。いったん押しを待ってから買いたいです。ただ、調整による上げとまだ考えているので、雲に阻まれてそのままおちるのか、短期移動線に支えられて上がるかは様子を見ながらと思っています。

240
ドル円4時間足

下降チャネルを上抜けし、200MAも水平から上向き、トレンドラインも割れていないので、引き付けて買いたいと思っています。

15
ドル円15分足

いい形で上がってきていましたが、朝方の貿易摩擦?貿易戦争?に関するトランプ大統領の発言で急落しました。ドル円は上がる地合いに見えますが、こういったヘッドライン一発で急落するのでジェットコースターみたいです。

ひきつけて106.7あたりでは一度買ってもいいかなと思いますが、今日は米雇用統計なので時間的に長いポジションは持たず、雇用統計待ちにしようかと思います。上値は108.3あたりをめどに考えていますが、ふるいおとしがひどいので、チャートを見る時間が多いと気が気でないですね。

2018年4月5日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:107.94
  • R2:107.40
  • R1:107.08
  • P :106.54
  • S1:106.22
  • S2:105.68
  • S3:105.37
日足
ドル円日足

前日の日足は下ヒゲ陽線となり、短期移動戦はGCのままチャネル上抜けを試しています。抜けたら107.0~107.2までの上昇や、さらに108円台の青BOXのゾーンまでの伸びしろも考慮しますが、日足雲の下限も近いので上値追いは注意しつつと思います。

240
ドル円4時間足

昨日は急落があるもピンクのトレンドラインを割れずに再度上昇しています。200MAもぬけたので、このトレンドラインを割るまでは引き付けて押し目買いを考えています。

15
ドル円15分足

下落の勢いがありすぎて、抵抗帯候補の青ゾーンをオーバーシュートしていますが、だいたいは止まるところで止まっています。上昇の形が崩れた場合は106.1あたりがキモになりそうです。

引き付けて買いから入りたいのですが、振り回されてちっとも値幅がとれません。ドル円に関しては上昇しているのですが、昨日であれば106.4が堅く、上昇して107目指すのかと思いきやヘッドラインで急落し、上昇を見越して106.5あたりで買った個人は損切でしょうし、いざ貿易戦争か?と株は急落しドル円も下落するかと思えば堅調に回復し、ドル円もV字復活です。「売り込んだが下がらなかった」と概要を言われても、は?です。個人はまったくプラスにならない相場な気がします。

毎月月初は「雇用高値」のジンクスといいますかアノマリーがありますので、雇用統計までは下値も堅そうなので、基本は押したら買いで、ヘッドラインでの急落も考慮してポジションは軽めで行こうかなと思います。

2018年4月4日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:107.91
  • R2:107.28
  • R1:106.94
  • P :106.32
  • S1:105.98
  • S2:105.35
  • S3:105.01
日足
ドル円日足

短期線GC(ゴールデンクロス)から長めの陽線が立ちました。トレンドが下降の時期が長かったので、買いは疑心暗鬼になりますが、方向は買いからで、売りは引き付けて雲下限から107.0、107.2あたりまで伸びてからと考えています。

240.JPG
ドル円4時間足

緩やかなチャネルの中で推移していますが、安値切り上げで高値更新できるかどうかです。高値更新した場合はこのチャネルも抜けそうなので、抜けた場合は107.0-107.20ゾーンや、そこも抜けた場合は107ミドルから108.2の青ゾーンまでの伸びしろがありそうです。

200SMAと200EMAに阻まれた状態です。ただし向きは横向きになってきています。1度は止められていますが2度目の抜けチャレンジになっています。抜けた場合、しっかりとした押しを待ってから買いでついていってもいいかなと思います。

15
15分足

抵抗になっているゾーンを青のBOXで表示しました。このBOXまでローソク足が下りてきたら、反応を見つつで買い回転を考えています。

本日は21:15にアメリカADP全国雇用者数、23:00にはISM非製造業景況指数の発表があり、雇用統計に向けての方向性が出てきそうなので、夜間の指標発表と欧州NY勢の動向に逆らわないようについていこうと思います。

2018年4月3日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:107.12
  • R2:106.78
  • R1:106.33
  • P :105.99
  • S1:105.54
  • S2:105.20
  • S3:104.75
日足.JPG
ドル円日足

5MAと20MAはGCしたものの、ローソク足は移動線の下にもぐってしまいました。中長期線もも下放れの状態ですので現段階では戻り売りが優勢に見えます。

いったん抜けた下降チャネルの上限にタッチしに来ています。確認して上にまた戻るのか、再度チャネル内に潜り込むのか確認する必要がありそうです。

240
ドル円4時間足

ゆるかな右肩下がりのチャートになっています。200MAと20MAに阻まれる形でローソク足も落ちました。また底値を確認してから上昇するか、再度下落するか、天底を決め打ちせずに状況についていきたいです。

15.JPG
ドル円15分

だいたい106.1~106.4あたりのゾーンから下に抜けて、いったん106.1を確認してから再度下落の形です。戻り高値が106.0を抜け切れていないので、上昇してここを抜けたらオーバーシュートしたら106.2くらいを考えつつ106.15あたりの前回底値ラインの様子をみつつ戻り売りを考えています。

下は105.5と105.2あたりの状況を見てから考えようと思います。

今日からイースター休暇明けで欧州勢も参入ですし、火曜日ですので欧州NYの流れに乗る方向でポジションを取ろうと思います。

2018年4月2日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:106.91
  • R2:106.72
  • R1:106.50
  • P :106.31
  • S1:106.09
  • S2:105.90
  • S3:105.67
日足
ドル円日足

5MAと20MAがGCし、ボリバンもやや上向きになっています。いったん底打ちして調整上げ状態になっているようにみえます。ただ、右下がりの雲の下限も近いので、107.2あたりから下限にかけてはいったん売ってみようかなと考えています。基本は調整が終わるまでは打診売りかなと思います。

240
ドル円4時間足

いったんは抜けた200MAに頭を押さえられ、20MAと挟まった状態です。200MAは上にあるときはレジスタンスとして、下にあるときはサポートとして力強くワークしてくれるので1回目は狙いやすいです。2回目3回目のアタックとなると抜けやすくなるので、そのあたりでは後追いでついていく形でいいかなとは思います。

短期移動線は上向きで、いい感じに降りてきているのでいったんの押し目にも見えます。106.7付近を越えていった場合は107.0や107.2までの伸びしろを考慮しようかなと思います。

15
ドル円15分足

先週末がイースター休暇だったせいか、ローソク足の並びがとても小さいです。一応は106.15付近でサポートされて、106.24から30付近ゾーンでレジサポ転換しているように見えます。

ただ、とても狭いのであまり当てにせずで、106.15あたりまで下りてきたらそのあたりで様子見をしつつ、105.8や105.3あたりまで押してきた場合はいったん買ってみようかなと思います。

今日は月初で年度初めでもありますので、東京市場では突発的な買いや緩まない上値追いの買いなど、戻り売り勢が嫌になる状態もあるかと思いますが、いろいろな円高リスクが解消したわけではないので、ガンガン買いでついていくのではなく、基本は月曜日ですので様子見スタンスで、戻り売り押し目買いを決め込んで明日以降の休み明けの欧州NY勢の判断を待ちたいところです。

2018年3月30日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:107.48
  • R2:107.21
  • R1:106.81
  • P :106.55
  • S1:106.15
  • S2:105.88
  • S3:105.48
日足
ドル円日足

200MAは下向きに開いていますが、5MAと20MAはGCに向けてタッチしています。いったんの戻り局面にみえますが、安心してここでロングをすると叩かれることもあるので疑心暗鬼になってしまうのがドル円ですね。ただ、チャネルラインは上に抜けているので、引き付けて買いから入りたい形には見えます。

240
ドル円4時間足

200SMAと200EMAの間に挟まれました。抜けてきたほうについていこうかと思います。戻り売りも押し目買いもどちらもワークしそうな形ですが、20MAから乖離しているので買いは引き付けて入りたいと思います。

15
ドル円15分足

三角を見立てることができる状態です。15高値が切り下がり、安値が切り下がり切り下がりちょっと上がってる状態ですね。このまま三角を上抜けした場合、106.7のネックライン上を目指し、抜けたら前回高値の107.0にアタックしそうな形です。下に抜けた場合は106.25ラインを見てからS1・S2のラインに波のラインができているのでそのあたりまで落ちるかもしれません。

今日は欧米市場がイースター休暇で休場のようで、とても薄商いになりますので、東京市場だけの取引になりそうです。月末期末のお化粧買いや、4月の月初の買いもあるでしょうから基本は上に向きやすい相場環境ではないかと思いますが、取り巻く地学的経済的なリスクは円高方向に向きやすいものが多いので、ヘッドライン次第では急落もあるので、じっくり待ってからポジションをとるか、様子見モードでねらったポイントまで値が来たらラッキーくらいでいいかなと思っています。