FX愛好家が心がけるべき3つの「待つ」

pose_namida_koraeru_woman

ポジポジ病と利小損大(コツコツドカーン)は、FX愛好家(投資家)が必ず通る「ほっとくと死に至る病」だと思います。その病を克服する方法が、3つの「待つ」です。

①エントリーポイントを「待つ」

パパっとチャートを見て、おりゃってポジションをとるではなく、シナリオを毎回構築して、このポイントが来るまで待つ、この形になるまで待つ、ここを抜けるまで待つ、ここを抜けたけれどもいったん戻りを試すのを待つ、など、エントリーポイントを決めてからそこに至るまでポジションをとるのを待つことです。

②損切りを「待つ」

例えばチャートが安値を作り、その後もう一度安値を試しに行くも安値更新しなかったので反発を狙いにロングポジションをとったとします。理想はそのまま含み損が発生せずに狙い通りに安値からの反発でポジションが含み益状態になることですが、そうはうまくいかずにいったん反発の形をとるも再度安値を試しに行くこともあります。そうなるとポジションは含み損状態になり、その状態に耐えられないと精神状態が保てずにすぐに損切をしたり、損に耐えられずにナンピオンを繰り返してフルレバになってロスカットになる、なんてことになりかねません。

損切ポイントはポジションをとったときに決めておくべきで、そのラインは上にも下にもずらすべきではなく、そこに至るまでひたすら待つ訓練をするべきです。また、ナンピンも良し悪しで、するのであれば初めからナンピンありきでシナリオをたて、そのシナリオ通りにナンピンをし、間違っても慌てて連打は避けるべきです。また、ナンピンシナリオの場合も損切ポイントは考えて淡々とそのシナリオに従って行いましょう。

③利確を「待つ」

ちょっとでも利益が出るとすぐに利益確定したくてうずうずしてしまい、せっかく伸ばせるポイントだったのに少ししか利益にならなかった・・・という経験はありませんか?私はたくさんあります。「頭と尻尾はくれてやれ」という相場格言?がありますが、まったくもって頭しか食べてない状態です。

利確もシナリオに含めて構築するべきで、このポイントまで来たら利確(のちょっと手前)と指値をするのが理想です。慣れないうちは例えば注文をする段階で10pipsで利確注文をする、などの自動注文をするといいかもしれません。また、含み益が出てる状態で利益を伸ばしているなら、ストップを建値に置いたり、トレールにするなどして利益の確保や損失にならない工夫もありだと思います。

 

以上が私が心がけている「待つ」です。チャートを見る時間がたくさんあると、ついついそこにお金が落ちてる感覚でポジポジしたくなりますが、お金を落とすのも自分になるかもしれませんので、一呼吸おいて、戦略をたててから後悔なくポジションを取りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です