月別アーカイブ: 2018年3月

FX愛好家が心がけるべき3つの「待つ」

pose_namida_koraeru_woman

ポジポジ病と利小損大(コツコツドカーン)は、FX愛好家(投資家)が必ず通る「ほっとくと死に至る病」だと思います。その病を克服する方法が、3つの「待つ」です。

①エントリーポイントを「待つ」

パパっとチャートを見て、おりゃってポジションをとるではなく、シナリオを毎回構築して、このポイントが来るまで待つ、この形になるまで待つ、ここを抜けるまで待つ、ここを抜けたけれどもいったん戻りを試すのを待つ、など、エントリーポイントを決めてからそこに至るまでポジションをとるのを待つことです。

②損切りを「待つ」

例えばチャートが安値を作り、その後もう一度安値を試しに行くも安値更新しなかったので反発を狙いにロングポジションをとったとします。理想はそのまま含み損が発生せずに狙い通りに安値からの反発でポジションが含み益状態になることですが、そうはうまくいかずにいったん反発の形をとるも再度安値を試しに行くこともあります。そうなるとポジションは含み損状態になり、その状態に耐えられないと精神状態が保てずにすぐに損切をしたり、損に耐えられずにナンピオンを繰り返してフルレバになってロスカットになる、なんてことになりかねません。

損切ポイントはポジションをとったときに決めておくべきで、そのラインは上にも下にもずらすべきではなく、そこに至るまでひたすら待つ訓練をするべきです。また、ナンピンも良し悪しで、するのであれば初めからナンピンありきでシナリオをたて、そのシナリオ通りにナンピンをし、間違っても慌てて連打は避けるべきです。また、ナンピンシナリオの場合も損切ポイントは考えて淡々とそのシナリオに従って行いましょう。

③利確を「待つ」

ちょっとでも利益が出るとすぐに利益確定したくてうずうずしてしまい、せっかく伸ばせるポイントだったのに少ししか利益にならなかった・・・という経験はありませんか?私はたくさんあります。「頭と尻尾はくれてやれ」という相場格言?がありますが、まったくもって頭しか食べてない状態です。

利確もシナリオに含めて構築するべきで、このポイントまで来たら利確(のちょっと手前)と指値をするのが理想です。慣れないうちは例えば注文をする段階で10pipsで利確注文をする、などの自動注文をするといいかもしれません。また、含み益が出てる状態で利益を伸ばしているなら、ストップを建値に置いたり、トレールにするなどして利益の確保や損失にならない工夫もありだと思います。

 

以上が私が心がけている「待つ」です。チャートを見る時間がたくさんあると、ついついそこにお金が落ちてる感覚でポジポジしたくなりますが、お金を落とすのも自分になるかもしれませんので、一呼吸おいて、戦略をたててから後悔なくポジションを取りたいものです。

2018年3月30日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:107.48
  • R2:107.21
  • R1:106.81
  • P :106.55
  • S1:106.15
  • S2:105.88
  • S3:105.48
日足

ドル円日足

200MAは下向きに開いていますが、5MAと20MAはGCに向けてタッチしています。いったんの戻り局面にみえますが、安心してここでロングをすると叩かれることもあるので疑心暗鬼になってしまうのがドル円ですね。ただ、チャネルラインは上に抜けているので、引き付けて買いから入りたい形には見えます。

240

ドル円4時間足

200SMAと200EMAの間に挟まれました。抜けてきたほうについていこうかと思います。戻り売りも押し目買いもどちらもワークしそうな形ですが、20MAから乖離しているので買いは引き付けて入りたいと思います。

15

ドル円15分足

三角を見立てることができる状態です。15高値が切り下がり、安値が切り下がり切り下がりちょっと上がってる状態ですね。このまま三角を上抜けした場合、106.7のネックライン上を目指し、抜けたら前回高値の107.0にアタックしそうな形です。下に抜けた場合は106.25ラインを見てからS1・S2のラインに波のラインができているのでそのあたりまで落ちるかもしれません。

今日は欧米市場がイースター休暇で休場のようで、とても薄商いになりますので、東京市場だけの取引になりそうです。月末期末のお化粧買いや、4月の月初の買いもあるでしょうから基本は上に向きやすい相場環境ではないかと思いますが、取り巻く地学的経済的なリスクは円高方向に向きやすいものが多いので、ヘッドライン次第では急落もあるので、じっくり待ってからポジションをとるか、様子見モードでねらったポイントまで値が来たらラッキーくらいでいいかなと思っています。

2018年3月29日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:109.15
  • R2:108.08
  • R1:107.46
  • P :106.40
  • S1:105.77
  • S2:104.71
  • S3:104.09
日足

ドル円日足

前日の長い上ヒゲから、長大陽線の出現です。長く続いた下降チャネルを一気に上に抜けましたね。20MAも上に向き始めました。ちょっとした底打ち感も感じますが、そこはドル円なので慌てて飛び乗らずに押しを待ってから入りたいと思います。ただ、期末月末の実需フローもあり、欧米はイースター休暇もありなので、あまり無理はしないように心がけようと思います。

240.JPG

ドル円4時間足

200MAを貫通してきました。いったんの戻しがあるかと思いましたが、全然緩まないですね。5MAと20MAはGCしています。

107.3付近の前回高値や、フィボナッチの38.2戻しの108.0くらいまでの戻りも考慮しつつ、ローソク足が20MAから離れているので、深い押しでロングを考えています。

106.5や106.2付近は抵抗になるとみていたので、そのあたりまで押したら様子を見て買ってみようかなと思います。できれば105.9あたりの一つ前の波のてっぺんと抜けてしまったチャネルラインを確認しに降りてきてくれればいいなと思います。一気に上がったときはスピード調整でサクッと下がって戻るということもあるので、そこはつられないように慌てずについていこうと思います。

15.JPG

ドル円15分足

200MAが上に向いています。深い押しもなく夜間に一気に上がっています。欧州NY市場、とくにNY時間は動き出したら一方通行になることもあり、安易に逆張りすると緩むことなく担がれていくパターンでした。

昨晩の場合は、年初から続く円高ドル安という背景があって、そこにイースター休暇前の手仕舞い(手仕舞いは反対売買が無いので反発が起きにくい)、休暇前の薄商い(値が大きく動きやすい)の環境下で、地学的リスクに対するグッドニュースがでて、さらに一方通行になった感じでしょうか。ヨコヨコに動いてバイーンと飛んで、で、106.5手前で「すでに1円動いてますしそろそろ天井であろう」と売った方は悲惨な夜を過ごしたのではないかと思います。

私も106.5で売ってみて、いやな手ごたえを感じつつがっつりと担がれて106.8と107手前で売り増しをして辛くも生還しました(;´・ω・) NY時間は一方通行になったときに玉が大きいと身動きできないので軽くしていてよかったなと思います。

昨日は安値から1.7円動いていますが、月末期末の株のお化粧買いもありそうですし、ショーターの投げが入ればさらに一段高もありそうなので、高値を売る場合は一段と引き付けて、107円のミドルまで考慮しつつ、逆に調整が入って106円のミドルあたりから買うほうが無難なように思います。

また、月末ロンドンフィックスは欧州通貨が暴れますのでとにかく月末期末です、けがの無いように安全運転を心がけようと思います。

2018年3月28日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:106.30
  • R2:106.10
  • R1:105.72
  • P :105.52
  • S1:105.13
  • S2:104.94
  • S3:104.55
日足

ドル円日足

上ヒゲが20MAにタッチする手前で落ちてきました。106円の売りは強そうです。105円台後半に抵抗になりそうなゾーンが見えたので、この辺りで戻り売りを考えています。

240

ドル円4時間足

前回の波のネックラインで折り返して落ちてきました。105.7以降はショート目線で、また5MAよりは下ですが20MAよりは上にローソク足があるので、20MA付近で様子見しつつ一度買ってみようかなと考えています。ただ状況は依然戻り売り環境に見えます。

15

ドル円15分足

15分足ですと104.6-105.3のBOXを上に抜けていったん戻りを試しに来ているようにも見えます。ですので、ロングでのポジションをとるなら、105.2あたりでの様子を見つつ、下のBOXに入った場合は104.93あたりでの反発待ち、104.6あたりでの下限の反発を見てからになりそうです。ショートの場合はチャネルラインの上限が近いので、青色の抵抗ゾーンとチャネル上限に引き付けて入ってみようかなと思います。

再三ですが、月末・期末が近いので、値動きが荒く一方通行になる恐れもあります。また欧州通貨につられてドル円もふわふわと方向性がないまま上下する場合もあるので、月末相場は要注意です。

2018年3月27日ドル円 今日の戦略

本日のPivot

  • R3:106.56
  • R2:106.02
  • R1:105.71
  • P :105.17
  • S1:104.86
  • S2:104.32
  • S3:104.02
日足

ドル円日足

金曜日の日足をきれいに包んで月曜日の日足が確定していますので、いったんの底打ち・調整がありそうです。チャネルラインと20MAが近い位置にあるので、そのあたりでショートしてみようかなと思っています。

240

ドル円4時間足

5MAと20MAがGCしそうな気配です。前回安値の105.25を超えてきたので、105.25付近と105.0付近で様子を見つつロングを考えています。

15

ドル円15分足

104.6~105.2の幅の中を上抜けしています。移動戦も上向きになっているので、押しを待って買ってみようかなと思います。

月末は実需フローがとても目立つので、特に欧州時間のユーロとポンドは値ごろ感だけで逆張りをすると大やけどするので要注意です。